高校の同級生千紗って言う子なんだけど、彼女当時からすごく奔放な性格だったりするんです。
だから恋愛関係とかも派手だったし、ナンパされてもホイホイと付いていってしまうような子だったんです。
当時からかなり気軽にエッチをしていた女の子でしたから、周りからは痴女なんて言われていてセフレなんて簡単に探す方法を知っているはずだと思いました。
今でもたまに連絡を取り合っていますから、思い切って(ちょっと恥ずかしい気持ちもあったけど)彼女にいろいろと指南してもらえないかなって気持ちになっていきました。
フェラ依存症の私、チンチンを舐めたくて我慢ができない状況なのです。
バイブを生のチンチンに見立てて舐めなめしているけれど、満足することなんかできませんからね。
たくさんフェラをした後、エッチの穴に挿入してもらって気持ちよくなりたい、セフレを作りたいという気持ちが強くなりすぎちゃっていたんです。
LINEで通知を飛ばしてみたら、暫くして相手から返事が届きました。
「時間のある時にディナーでもする?」
彼女の方から言われたので、それに答えていきました。
再会は久しぶり、すっかりと色っぽくなっちゃって驚かされてしまいました。
ディナーのときワインを飲みながら、彼女の性事情について聞いてみたのです。
するとやっぱり、セフレたくさんいるって話をしてきました。
「亜紗未も興味が出てきたんだ」
「彼と別れて我慢ができなくてさ、セフレって作ったことないからどうやればいいのかな?って思ってて」
「セフレがいると本当に気軽に、エッチして気持ち良くなれるからね」

「どうやって千紗は相手探してるの?」
「最近はやっぱりネットか中心かな」
やはりセフレの作り方はネットを使っているらしいのです。
その方法をどうしても聞きたくてしかたがありませんでした。
「そうね、やっぱり出会い系アプリが一番簡単な方法だと思うんだ」
「出会い系アプリかぁ」
アプリっていろいろなものがあるけれど、出会いに使えるものもあるのは知っていました。
それを利用していけば、私にもフェラをいっぱいさせてくれるセフレが探せそうです。